« 黒い貴方は硫黄のかほり | トップページ | 9:1 »

Jr.だった頃

Jr.だった頃
あれは小学生だったのか、まだ全然小さかった頃から中3まで、私は英会話教室に通っていた。


別に親が英才教育させたいとか、お受験させるとか、そんな理由なんてなくて、ただ近所の子たちが通うからって理由で行き始めた。

でもその一緒に始めた子たちも徐々にやめてって…でも自分は何だかんだ、中学校卒業するまで行ってたんだっけ。


で、大学受験の入試の課題でもお世話になって。


そんな私の英語の先生に、今日7年ぶりぐらいにお会いました。

って言っても、本当近所だから、教室の前はよく通るんだけど、なかなかね。


図書館の帰り道に、ふと思い立って寄ってみたら、先生は私が知ってる笑顔で迎えてくれました。


年賀状のやり取りはしてたけど、実際に会って話すのは久しぶり過ぎて、もう何から話していいものやら。


時間はあっという間に流れたけど、この教室に来ると先生は先生のままで、私はいつまでたっても生徒のまんまなんだなぁと思った。


判子を作る約束をして、じゃあまたねって。


またこうして先生と私の間に時間が流れ始めて、とてもうれしい一日でした。


写真は先生がくれたハワイのお土産。
カメは縁起がいいそうです。


|

« 黒い貴方は硫黄のかほり | トップページ | 9:1 »

一期一会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒い貴方は硫黄のかほり | トップページ | 9:1 »