« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

消しゴムはんこ教室・乙女編

先週末も、お馴染みのクリーンセンターではんこ教室をしてきました。

教室

今回はバーレーチームの女の子とそのお母さんたち。

初めてのオール女子です(ひとり弟くんはいましたけど)。

やっぱり女の人しかいない空間というのは、独特の華やかさというか、違ったオーラがありますね。

小学1年生~5年生までの女の子と、どう接していいものか…今回も若干悩みましたが、まあ始まればどうにかなるものです。

ただやはり、女の子の方がしっかりしているというか、もう小学生の時点でその違いが目に見えてわかるので、正直驚きました。

そりゃ、掃除をしない遊んでばっかりの男子を女子は怒るよなぁ。。って感じですかね 笑。

ただカメラを向ければ、こんなに素敵な笑顔。

教室

大人になると、いろいろ考えて表情をつくりがちなので、こんなに純粋な笑顔は逆にすごく新鮮でした。

楽しい!っていうのが、この写真を見るだけで伝わってくるので、私までとても幸せな気持ちになります。

教室

最後に自分の彫った作品と。

この笑顔はやみつきになっちゃうなぁ。

| | コメント (0)

KEN-SHO-EN

腱鞘炎(けんしょうえん)は、の周囲を覆う腱鞘(けんしょう)の炎症

症状として、患部の痛みと腫れがあり、患部の動かしづらさが見られる。

腱自体の炎症である腱炎(tendinitis)を合併することが多い。

Wikipediaより

KEN-SHO-EN

ここ1ヵ月、右手を酷使しすぎて見事腱鞘炎デビューです。

漫画家じゃあるまいし…とだましだまし過ごしてきたけど、さすがに昨日フライパン持てなくて事実を受け入れました。

高校生ぶりに、シップとかしてみる。

いまいちシップを信用していない私だが、母が使っている高級シップをもらって、こっそりテンション上がる。

さすがに病院には行きたくないから、どうにか自力で治さねば。

医者『どうしました~?』

私『手首が痛くて…』

医者『何か無理なこととかしましたか?』

私『無理なことというわけじゃないんですけど…』

医者『ん?』

と、言いながら右手首を反らす医者。

私『ひいいいいいぃぃぃ~!!!』

医者『…いったい何したの?』

私『…木切ったり、消しゴム彫ってました。』

医者『え?』

…ほらね、変な人来ちゃったよ~ってなるでしょ?

これからは、作業以外は箸より重いもの持たないようにしーよおっとheart01

まあ、無理だけど!

| | コメント (5)

消しゴムはんこ教室 2Days

先週末は2件、講師のお仕事。

春分の日は、日吉にある雑貨屋さん“Uto-Uto”での、初ワークショップをしてきました。

教室

初めての場所というのは、やはり緊張します。

余裕をもって一時間くらい前に来たのに、いつの間にやらもう開始時間。

主婦の方や、お子様連れの方、男性の方など…初回にも関わらず、色々な人が受講してくれたので嬉しかったです。

ある程度説明が終わると、みなさん黙々と彫ってます。

教室

続く、土曜日。この日はおなじみ地元のクリーンセンターでのはんこ教室。

この日は、前の日よりもアダルティな感じの教室でした。

60歳~70歳ぐらいのおじちゃんおばちゃんたちで、どうやら書道仲間のようです。

最初の共通の図案もそこそこに、みなさん書道仲間なだけあって書道に押せる名前のはんこを彫られていました。

教室

今回教室を2件やったけど、やっぱり消しゴム判子は老若男女関係なしに、みんなが楽しめる素敵なモノなんだなぁと再確認しました。

このご時世、大人も子どももおねーさんも、一緒に楽しめるモノなんてなかなかないでしょ?

そしてみなさんビックリするほど意欲的で、自分自身ももっと学ばないといかんなぁと思いました。

あ、あと部屋が静まり返るほど、みなさん作業に没頭してるってことが今回で確信に変わりました。

時間が経つと、先生完全に置いてけぼりです。かまって欲しいです 笑。

ちょっぴり哀しいけど、みんながハマってくれてる証と思って我慢します。

| | コメント (3)

小春日和の使い方

匂いだけじゃなくて、しっかり気候も春ですね。

昨日今日は、ここぞとばかりに掃除と洗濯、めずらしく洗車までしました。

どうせ掃除をするなら、窓全開にしてばーっとね。

庭の花や草木も、少々フライング気味に春の訪れを待っています。

ただ晴れていて、ただポカポカしてるだけなのに、幸せを感じることができる春は、とても贅沢な季節だなと思いました。

出会いと別れの季節が春でよかった。

真冬に悲しい別れがあったなら、もっと悲しくなってしまうでしょう。

希望をもてる季節だから、ツライ別れもきっと大丈夫。

また素敵な出逢いが待っている。

だから春の匂いは、人をいろんな気持ちにさせるのかもしれません。

先日、一人の写真家の方と出逢いました。

彼女の写真からは、そんな季節の匂いを感じます。

名刺をいただいたのですが、一枚一枚違った写真がプリントされていて、結局二枚いただいてしまいました。

未

一枚目は、澄んだ空に桃色の花。

未

二枚目は、新緑の中の新しい芽。

どちらも、こんなに自然の中に溶け込みます。

未

他にもいろいろな写真を撮られていますが、どの写真からも人の温度が伝わってくるので、五感で感じることが出来ます。

ブログに作品も公開されているので、ぜひ。

オノシズカさんブログ↓↓↓

シズカメラ☆http://ameblo.jp/lumixlife/

ありがたいことに、江連判子店のことも書いてもらってます。

そうそう、タイトルにもある“小春日和”という言葉。

まさに今が使い時なのかと思っていたら、正しい使い時は秋でした。

春のようにポカポカした秋の一日を“小春日和”というそうです。

じゃあ春に使う言葉は何なのだろうか。。

あと15日にフリマをやるとチラッと告知しましたが、諸事情により今回出店することが出来ませんでした。

もしこのブログを見て、足を運んでくださった方がいましたら本当にすいません。

また近々やると思いますので、また遊びにきてください。

あ、もしこんなハンコが欲しいよとかコメントいただければ、次までに彫るかもです。

| | コメント (2)

長崎は今日も雨。

長崎は今日も雨。
いきなりですが…わたくし只今長崎におります。
長崎のハウステンボス。

2年ぐらい前に初めて行って、今回で2回目。

日本なのに、これでもかって言うほどの異国情緒味わってます。

ハウステンボスはもちろん、佐世保市内も米軍基地やら海上自衛隊やら、むちゃくちゃデカい造船所があったりで、至る所から異国のかほり。
船マニアにはたまらんです。
イカリとか、道に普通にあるし。

なんだかんだ言っても、やっぱり海とか好きでした。
怪しいマリングッズとかも買い込んじゃいました。

明日まで滞在するので、それまでしばし非日常に酔ってこようと思います。

そして帰って来たら、すぐさま現実。。
っていっても、毎日妄想の世界で生きてるようなもんですがね。

帰った次の日、3/15(日)に池袋でフリマします。
判子と、なんとなく服売ります。

サンシャイン広場で10時〜16時くらいまでだったような。
とりあえず詳細載せときますので、お近くにお越しの際はぜ・ひ!

ちなみに一緒に出す友だちも、自分で描いたイラストとかのポストカード出したりするので、なかなかおもしろい集団だとおもいます。

ではでは、また。
アデュー☆★ (←異国かぶれ)

フリマ詳細↓↓↓
http://www.otakara.net/m/souq.html

| | コメント (0)

消しゴム判子教室inクリーンセンター

この間の土日に、初・はんこ教室してきました。

地元のクリーンセンターで、地域の方対象にプレオープン的な。

一日目の土曜日は、大人向け。

ひょうたんと桜の花びらを彫りました。

教室

皆さん、かなり黙々と彫られています。

用意していった図案を彫り終えても、皆さんの創作意欲はまだまだあるようで。。

その後も、思い思いにオリジナルのはんこを彫っていました。

二日目の日曜日は、小学生のサッカーチームの子どもたち。

教室

普段あまり子どもと接しないので、どんな風に接したらいいものやら…でも始まってしまえばそんなの関係なく、一緒に楽しく彫れました。

基本的な彫り方は教えるけど、あとはみんな自己流で、それを見るのはとても勉強になりました。

そしてやっぱり、こういう作業は性格でますねぇ。

几帳面な子は物凄く几帳面だし、大雑把な子はとことん大雑把だし 笑。

おんなじサッカーボールを彫ったけど、最後には自分だけのサッカーボールが出来てました。

最後に残った消しゴムの切れ端で、細い大根を彫っていた女の子がいて。すごいツボでした。

あとは、一緒に来ていた保護者の方もはまっていただけたようで、こういうのも何かうれしい。

お家に帰って、また一緒に彫ってくれたらいいなぁ。

教室

毎日している作業を、改めて人に教えるっていうのは本当に難しい。

原点回帰じゃないけど、自分がもう一度ゼロの状態に戻ってみないとわからないことが沢山ある。

終わったあと、センターの外にあるビオトープで黄昏ながら考えた。

教室

| | コメント (5)

ライブハウス≠音楽

昨日は、生まれて初めてライブペイントなるものをした。

ライブハウスに行って、音楽以外のことをするなんて。。今まで考えてみたこともなかった。

一緒に行った友だちはみんな絵描きさんなので、モクモクと絵を描いている。

私はその横で絵を描きつつ、その上に判子をポツポツと押す。

判子とアートの融合である。

判子って、どうしても判子の枠から抜け出せないというか、そこで終わってしまいがちなので、こういう判子発信で何かを生み出すというのはすごく貴重な体験だった。

絵の具とインクの相性とか、インクの種類とか。。まだまだ課題は山積みだけど、一歩踏み出せた感じがする。

一緒に描いたオッチ君の絵をみて、『部屋に飾りたい。』と、言ったら『…じゃあ、あげる。』って。

みっちゃんの絵も好きって言ったら、あげるって。

じゃあ、私は判子をあげるって。

試合が終わったあとに、ユニホーム交換をするサッカー選手みたいでなんかカッコいい。

お互いの健闘を称え合って、自分の大事なモノを交換する。

つくるものは違うけど、何かを生み出すことは同じ。

ただただ、もっと頑張ろうと思った。

ライブハウス≠音楽

ライブハウス≠音楽

みっちゃんの絵。

メガネのゾウと、嘘と建前なヒト。

ライブハウス≠音楽

チーさんの絵。

暗闇の中の赤い木。

ライブハウス≠音楽

オッチの絵。

自分の旗。布に描いてある。

ライブハウス≠音楽

最後に私の絵。

今度はもっと大きい判子で押したいな。

| | コメント (0)

横浜巡業・夜の部

その日Uto-Utoを出てから、同じ日吉にある先輩の家で鍋しました。

新婚さんの先輩の家は、いつもキレイで…ゆとりがある生活って、こういう生活なんだなぁと行く度に思います。

スンドゥブという韓国の鍋と、手作りつくねなんかをひとしきり食べ、ビールも飲んで幸せ過ぎます。

桜井さんごちそうさまでした。

そして解散後、ひとり夜の横浜にくり出すハンコ職人。。
皆が終電で帰路に着くなか向かった先は、横浜駅東口にある、とある一軒のBarでございます。
横浜巡業・夜の部

まだまだ長い一日は終わりませんでした。

4ヶ月ぶりぐらいにその扉を開いたワケですが、相変わらずの雰囲気で、安心しつつもテンション上がりました。

そこは友人がやっているBarなのですが、以前看板のロゴの判子を彫ったことがあって、今ではコースターに押して使っていただいてます。
自分で言うのも何ですが、それがまたイイ味出てて。

横浜巡業・夜の部

そんな縁もありまして、今回から江連判子店の判子たちも置かせてもらえることになりました。

判子を売ってるBarは、日本中…いや、世界中探してもココだけな気がします。

オサレな店内に、いきなり判子ですから 笑。
しかも小粋な紹介文まで書いてもらって、本当に至れり尽くせりです。

やはり気心知れた仲間と飲むお酒というのは、何よりも美味しくて、そして過ぎる時間もあっという間で。
途中記憶が曖昧になって、気が付けば朝でした 笑。

こうして、私の横浜巡業は幕を閉じたのでありました。

横浜の夜といったら、BAR The Worldにキ・マ・リ!
ステキな三人のバーテンダーが、あなたを夢の世界へ誘ってくれるでしょう。。

ちなみにジョジョBarだったりもするので、そっちの方でも有名だったりします。

BAR The World
http://bartheworld.com

ちなみに、毎日更新されるブログを見るのが日課になってます 笑。

| | コメント (3)

横浜巡業・昼の部

ここ最近の出没地域は、わりと地元でしたが…ついに第2の故郷に舞い戻ってまいりました。

そう、シャレオな街・横浜。

今回は、前からお世話になっていた雑貨屋さんが、リニューアルオープンするということで、お祝いと納品を兼ねて行って来ました。

天気はあんまりよくなかったけど、薄曇りの中にお店のポワンとした光が漏れていて、むしろいい感じ。

横浜巡業・昼の部

内装から全て、オーナーさんが手掛けただけあって、扉やら棚やら至る所にオーナーさんの人柄や色が伝わって来ます。

はんこ一つ彫るだけで、自分らしさをどう表現するかめちゃくちゃ悩むんだから、お店を一から造り上げると言うのは、本当に大変なことだと思います。
そのお店丸ごと、自分なのですから。

とりあえず、第一声に『生きててよかったです』…と、言ってしまいました 笑。

店内には流木で出来たUto-Utoの木(お店の名前はUto-Uto)があったり、隣にはギャラリーがあったりで、本当目に映るモノ全てにワクワクしてしまいました。

そして何と中央には、江連判子店の判子たち!
光栄なことに、プレオープンの日から『はんこフェア』をやっていただいてしまいました。

横浜巡業・昼の部

自分が彫ったとは思えないぐらい、お店の雰囲気にピッタリで…感動ッス…うぅ。

入れ替わり立ち替わり、次々とおめでとうと言って入って来るお客さんを見て、私まですごく幸せな気持ちになりました。

やっぱり新しく造り上げた場所には、何かとてつもないパワーがあります。

自分もその瞬間に、少しでも立ち会えたと思うと、それだけでまたパワーをもらえました。

結局閉店まで長居してしまい、気が付けばオーナーさんと二人だけ。
『じゃあ、またね』と笑顔で別れて、帰りました。

またすぐに会えるから、会いたくなるから、お別れのあいさつは簡単でいいのです。

そんな、ついふらっと寄り道したくなるお店、それがUto-Utoです。

Uto-Uto
Open:12:00〜18:00
Close:日曜日・月曜日(その他不定休)

横浜市営地下鉄グリーンライン・日吉本町駅下車(東急東横線日吉駅経由)

そして記念すべき第一弾ワークショップに、なんと江連判子店ご指名いただきました。

期待の新人、頑張りまっす!!!

“江連判子店”消しゴムはんこワークショップ in Uto-Uto

-はじめてでも楽しめる 季節のはんこ-

日時:3月20日(金) 春分の日 13時~15時(予定)

費用:材料費込み \1800

持ち物:道具はコチラで用意します。

参加希望の方はUto-Uto(045-624-8278)まで、直接お電話ください。

あ、でも明日は臨時休業なので、お電話は6日以降でお願いしますsweat01

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »