« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

お犬さま

お犬さま
オーダーいただいた、ペット判子の図案を考える。


飼ってるペットを判子に、というオーダーはこのご時世なかなか多いワケですが…圧倒的に多いのは犬。ワンちゃんですよ。


もちろん他の動物も、それなりにオーダーもらいますが、それらは特にペットとかじゃなく…ただただ好きな動物。


やはりペット王の座は、お犬さまなんですね。


猫派の私としては、ちょっぴり切ない今日この頃です。

| | コメント (2)

デザフェス!

デザフェス!
デザフェス!
ずっと気になってはいたけど、実際に行くのは初のデザインフェスタ。


自分でも出してみたかったので、下見も兼ねて初上陸してみました。


フェスタというだけあって、広いこと。人が多いこと。

まぁビッグサイトでやるイベントなんだから、当たり前と言えば当たり前だけど。


本当に色んな人がいて、刺激を受けました。
と、同時にやっぱり表現する人のパワーはもの凄く。。生気も一緒に吸い取られ、変える頃には干からびてしまいました。


やっぱり一日で全部見るのは不可能に近いです。
一日しか行かない場合は、さっくり見ることをオススメします。

でもこうして、プロアマ・老若男女問わずに、自分のやりたいことが発表出来る場があることは、とても素晴らしいなぁと思いました。

あとやっぱり、作る人と作品はすごくイコールで結ばれてる気がする。
みんな自分のことよくわかってるなー。

とにもかくにも、ヘトヘトになった頭の片隅で、ちょっとだけやる気がむくむく。
もう少し頑張ろうかな。


| | コメント (0)

西の筑波

西の筑波
西の筑波
西の筑波
筑波山に行く。


遠足の時期だからか、半袖半ズボンの元気な子どもがわんさか。
一緒になってはしゃいでしまう。
そういえば私も小学校3年生のときに来たっけ。


筑波山神社でお参りして、ケーブルカーで山頂へ。

筑波山は、男体山と女体山という二つの山で出来ている。
今回は両方攻めてみる。


女体山の方は、道も登りやすくしてあって、神主さんがいる神社があるけど、男体山の方は割りと険しい道のりで、無人の神社があるだけ。


でも何となく、そっちの方が神様が降りてきてるような気がする。
神社の前の階段は、妙に落ち着く場所。

また、紅葉の時期に行こう。

| | コメント (2)

甘すぎず

甘すぎず
ちょっと時間が出来たので、アップルパイを作ってみる。


甘いものが苦手な私は、砂糖の量をレシピよりもかなりカット。


…人生初のアップルパイは甘くありませんでした。


まぁ見た目はよいので、また何か作ってみよう。
今度の中味は濃い味で。。

| | コメント (2)

10月教室・判子の巻

10月教室・判子の巻
10月教室・判子の巻
さてさて本業の判子。

10月は予告通り、ハロウィン判子。
最初はみんなでカボチャのオバケ・ジャックオランタンを彫りました。

白抜き部分が多かったからか…ちょっと難しかったかなぁ。
でも皆さん、最後までめげずに、素敵な判子に仕上げてました。



今回はわりと経験者が多かったのかなぁ。
共通の図案が終わると、黙々と作品作り。
しかも確実に腕が上がっている。。先生、ちょっと焦ります。


まぁ何より楽しいことが大切。
毎回終わった後に書いてもらっているアンケートに『楽しすぎました』というお言葉。

こちらこそ『嬉しすぎ』ます。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

10月教室・紙すきの巻

10月教室・紙すきの巻
10月教室・紙すきの巻
普段はもっぱら判子専門ですが、たまに“紙すき”も教えたりします。


私が教えている紙すきは、牛乳パックをリサイクルして、ハガキやしおりなんかを作る、エコな感じの紙すきです。


まぁ教えるなんて言えたもんじゃない知識ですが。。でも、初めて作る生徒さんの楽しそうな顔を見てると、やっぱり嬉しくなります。


紙すきも判子も、世界にひとつだけのモノを作るというのは一緒。
そんなお手伝いが出来て、なんだか温かい気持ちになります。
いくつになっても、新しいことに挑戦する姿勢は素敵ですね。

| | コメント (0)

ある日の土手

ある日の土手
ある日の土手
快晴の日の土手。
雲ひとつなく空気も澄んでいて、まさに秋晴れ。

こんな日は、体の中の余計なモノを一気に吐き出して、全部リセット。

空が青いこと。
季節の匂いがすること。


当たり前だけど、いつも感じ取れる自分でいたい。

| | コメント (2)

南瓜

南瓜
南瓜と書いて、かぼちゃ。


10月の判子教室の図案を作る。
いつの間にか、『10月と言えばハロウィン』みたいなことに巷ではなってるので、ハロウィン的図案。

ちょっと前までは、クリスマスの方が気合い入ってた気がするけど、年々ハロウィン色の方が強くなってる気がします。


個人的には、小さい時に英会話教室みたいなのに通っていたので、欧米のイベントはわりと好きです。
だから、ハロウィンもけっこう好きだったりする。
ハロウィンの、クリスマスの影に隠れて、ちょっとマイナーな感じが好きだっから、この盛り上がりっぷりは複雑です。
まぁ、カワイイ雑貨が増えるのはうれしいですが。

| | コメント (2)

職人の血

職人の血
職人の血
今日は母の地元に、祖父母のお墓参り。


母方の祖父母には、私は会ったことがない。
私が生まれる前に亡くなってしまった。


母の実家は石屋さんで、祖父は生粋の職人だったそうな。


今、私が判子職人をしているのも、そういう血が流れているのかなぁ。。


お墓の前で、そんなことを思う。

帰り道、西蓮寺という樹齢千年のイチョウが有名なお寺へ寄る。
まだ色付いてなかったけど、青空にぐんぐん伸びるイチョウは優しくて力強い。


| | コメント (2)

コースター展 in フレッシュネス

コースター展 in フレッシュネス
日が暮れるのが早い。
気が付くとあっという間に、日が沈む。
そんな10月です。


今日は近所で運動会があったようで、懐かしい音楽が流れてました。
元・陸上部員(しかも部長)としては、無駄に体がソワソワ 笑。

さてさて寒い季節が近づいて来ると、温かいモノが恋しくなるワケで。。

素敵なコースターで美味しい珈琲なんていかがでしょ?

10月半ばくらいから、フレッシュネス曙橋店&江戸川橋店にてコースター展があります。

今回は展示だけではなく、実際にお客さんに使っていただくそうです。


私も判子を押して参加しました。

画像のような感じで、コルクに押したり、あとは陶器なんかにも押してみました。

私は珈琲があまり飲めないので、説得力には欠けますが。。フレッシュネスのコーヒーは、チェーン店の中では一番美味しいそうです(ワコさん情報)。


ですので、是非ぜひこの機会に、食欲の秋・芸術の秋をご一緒に召し上がれ。


| | コメント (4)

はいさいお兄さん


この間のmarcheの話。

一応、販売&実演をしながら、オーダーも承けていた江連判子店。

…物凄くやりがいのあるオーダーいただきました。

お隣に展示していた、イラストレーター・ちひろさんのお友だちの方で、沖縄出身の舞台役者さんです。

自分なりに凄くこだわりのある方で、久々にコチラも気合い入りました。
オーダーの醍醐味というか、世界にひとつしかないからこそ、ここまでこだわってもらえると、作り手としてもやりがいがあります。

そんな素敵な舞台役者さんのお名前は、山内克也さん。
男気があって、かっこいい方です。

山内さんのブログでも、紹介していただきました。

山内克也のてーげー日記
http://teigei.ti-da.net/

はいさいお兄さん

画像はオーダーいただいた判子。
山内さんのトレードマーク“LuckyBird”と、名前を篆刻文字風に。
そして恐れながら、枠の縁に江連判子店印も入れさせていただきました。

判子も山内さんに使ってもらえて、さらに深みが増すと思います。
山内さん色に染めてくださいね。

この度は、オーダーありがとうございました。

| | コメント (3)

本日開店

本日開店
嘘です。


この間のmarcheの時、吉祥寺にて発見。


オーナーさんの名前だろうか。
それとも愛人?
色々妄想してしまいます。


その後、なんちゃってオーナー気分になって変なテンションになりました。


他にも目撃情報ありましたら是非。

| | コメント (0)

幸福の黄色い

幸福の黄色い
靴です。


春ぐらいから、ずー…っと買うか悩んで、悩みに悩んで諦めてたら、なんと\500になってたので買いました。


でもいざ買うと決めると、色で迷う私。
ってか、\500なんだから全部買えよ!って話やね。


まぁでも結局、一番最初にビビビッときた黄色に決定。
中はブルーのストライプでございます。


早く履きたいけど、なんせ台風が来てましたのでね、おあずけです。

今は風だけになったけど、皆さまくれぐれもお気をつけください。

| | コメント (3)

ファンシーなアイツ

ファンシーなアイツ
ファンシーなアイツ
ファンシーなアイツ
ファンシーなアイツ。。。そう、オクラくんです。


小さい頃は、全然美味しいなんて思えなかったけど、見た目は超ツボ。


だって、野菜なのに星形なんだよ。

実の緑と種の白のコントラストが、めっちゃキュート。

味は、はっきり言って“無”。

だから、ナメタケと和えます。


ひょっとしたら夏の野菜かもしれないけど、まだまだオクラ・フィーバーです。


| | コメント (0)

ローマは一日にして成らず

ローマは一日にして成らず
芸術の秋ということで。

上野の国立西洋美術館へ行きました。


何気に入るのは初めての西洋美術館。。やはり入り口にある“地獄の門”は凄い。

もはやその時点で、若干お腹が満たされてしまいましたが、本来の目的である“古代ローマ帝国の遺産”へ。

ローマとポンペイの街を中心とした展示でした。

何故かポンペイマニアの母と行く。

世界史を学んでいた学生の頃は、このド偉いこと続くローマ史が苦手で。。
でも今改めて違った観点から視ると、歴史は全てが真実で、本当にこの時代を生きた人がいたと思うと何とも不思議な気持ちになるものです。


月並みですが、ちゃんと勉強すればよかったなぁ…とかね、思ってしまいます。


今年は芸術の秋、満喫しましょうかね。

| | コメント (0)

GoodBye march,ハロー10月

GoodBye march,ハロー10月
GoodBye march,ハロー10月
GoodBye march,ハロー10月
GoodBye march,ハロー10月
気がつけば10月。
ますます秋深しですね。

朝晩は涼しい。。もはや日中も涼しいです。

ブログにもお知らせした、吉祥寺での展示が終わり、やっと一息ついてます。

ご来場いただいた皆さま、ご購入いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
普段、ひとり黙々と彫っているので、こういった機会はとても貴重で、色々なことに気付けました。
江連判子店は、私一人の力では成り立ってないです。
ありがとうございます。

さてさて、なーんにもない一日というのは、凄く贅沢です。
ですが、何もしなくても一日は確実に過ぎていくワケで。

そろそろ動かないとなぁと思う日々です。

そうそう、9月の判子教室のことをかいてなかったのでそちらを。

今回は十五夜バージョン。

夏休みが終わったのもあって、落ち着いた感じにまったりほっこり。

今回は人数もたくさんじゃなかったので、受講者の方たちと向き合って出来たのがよかったです。

それにしても、皆さんの向上心には頭が下がります。
ってか、上手い。
先生も頑張りまーす。

たまにはこういう時間もいいわね〜って言ってもらえて、すごく嬉しかったです。
何より楽しそう。

10月の教室ももうすぐだけど、こんな感じに温かく出来たらと思います。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »